人生を楽しく生きるコツは童心を忘れねーこと(キリッ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒカルの碁 作品紹介

小学生のヒカルはある日偶然、祖父の家の蔵で古い碁盤を見つけた。碁盤に残る何かのしみ。それを見つけた瞬間、誰とも知れぬ人の声が聞こえる。その声は碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為(ふじわらのさい)の霊がヒカルの意識に入りこみ、語りかけてきたものだった。
驚くヒカルに佐為は自らの身の上を語る。もともと大君の囲碁指南役をしていたこと、競争相手である別の指南役に謀られて入水するのやむなきに至ったこと、その後数百年をへた江戸時代に秀策という少年に乗り移って、再びこの世で碁を打つことができたこと。しかし、いまなぜヒカルに引き寄せられたのか、その理由は佐為にもわからない。
ある日ヒカルは、たまには佐為に碁を打たせてやろうと、碁会所の門をくぐる。そこで二人が出会ったのはプロ並みの囲碁の実力を持つという少年・塔矢アキラだった。
はじめ囲碁に無関心なヒカルだったが、佐為の囲碁への情熱とアキラの存在が、ヒカルの囲碁の才能をじょじょに目覚めさせていく・・・


スポンサーサイト

ヒカルの碁 壁紙【15枚】

hikarunogo10.jpg

http://moriizou.fc2-rentalserver.com/geeklog//article.php?story=20101120212801362
リンク先はデータ置き場として使っているだけなので、
「作品検索」「拍手」「コメント」等はこのサイトでお願いします
壁紙に関する説明がありますので、未読の方はまずこちらをお読みください
他の壁紙サイトを探す方はこちらからどうぞ

縦横比4:3 + 8:5
profile

モリイ蔵

Author:モリイ蔵
・ファッションに試行錯誤
・変態という名の紳士
・ボケは基本投げっぱなし

アンケート


出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。